タイトル
年号 年齢 主なできごと・役職 世の中の動き
大正3年

(1914年)

0 2月18日、茨城県稲敷郡江戸崎町月出里、小河冨吉の二男として、小河隼人(おがわ はやと)が生まれる 第一次世界大戦勃発
大正7年

(1918年)

4 第一次世界大戦終結
大正10年

(1921年)

7 3月13日、茨城県稲敷郡江戸崎町天王、平山一郎妻けいの二女として、平山さくが生まれる
大正12年

(1923年)

9 9月1日、東京・江東区の親戚にいたときに、関東大震災にあう。一人で東京から茨城まで徒歩で帰り着く 関東大震災
昭和4年

(1929年)

15 10月世界経済恐慌
昭和6年

(1931年)

17 2月17日、茨城県立江戸崎農学校(甲種)卒業
昭和7年

(1932年)

18 6月1日、現役志願兵として近衛歩兵第三聯隊に入営
昭和9年

(1934年)

20 6月1日、任陸軍歩兵伍長
10月10日、命満州独立守備歩兵第十四大隊付 渡満 黒竜江省孫呉着
昭和10年

(1935年)

21 2月1日、任陸軍歩兵軍曹
昭和12年

(1937年)

23 6月26日、命第三独立守備隊司令部付 日中戦争突入
2・26事件
昭和13年

(1938年)

24 6月25日、任陸軍歩兵曹長
12月20日、命関東軍司令部付
昭和14年

(1939年)

25 命第九独立守備隊司令部付 第二次世界大戦勃発
昭和15年

(1940年)

26 平山さくと結婚
2月25日、任陸軍准尉、命独立守備歩兵第十七大隊付
4月29日、戦時勲功により叙勲七等受青色桐葉章
昭和16年

(1941年)

27 5月9日、定例叙勲六等受瑞宝章
8月1日、長男信義が誕生
昭和18年

(1943年)

29 12月19日、命第四飛行士団司令部空地連絡中隊付
昭和19年

(1944年)

30 11月18日、二男克巳が誕生
昭和20年

(1945年)

31 5月31日、命航空路部付(内地)
8月4日、長野県松本市飛行場着
9月4日、部隊解体、帰郷しラジオ商を開業
第二次世界大戦終結
昭和23年

(1948年)

34 2月6日、三男俊夫が誕生
昭和25年

(1950年)

36 朝鮮戦争
昭和29年

(1954年)

40 4月、江戸崎町立江戸崎中学校PTA副会長に就任 在位三年
昭和33年

(1958年)

44 4月1日、有限会社小河電気商会を設立、社長となる
昭和34年

(1959年)

45 5月、国鉄江戸崎駅前商店会 江戸崎方式近代化設立発起人代表として商店街造りに努力、初代会長に就任
昭和35年

(1960年)

46 新安保条約発効
国民所得倍増計画
昭和36年

(1961年)

47 5月、江戸崎町商業協同組合理事に就任
昭和38年

(1963年)

49 5月25日、茨城県電機商工組合理事に就任、大利根支部長
昭和39年

(1964年)

50 東京オリンピック開催
昭和40年

(1965年)

51 昭和40年〜45年いざなぎ景気
昭和41年

(1966年)

52 1月26日、褒賞状 第一回全国中小企業団体総連合 表彰大会 名誉総裁内閣総理大臣 佐藤栄作
昭和44年

(1969年)

55 1月30日、表彰状 自動車運転 無事故 無違反 茨城県警察本部長 鍛冶鉄人 アポロ11号月面着陸
昭和45年

(1970年)

56 8月28日、江戸崎町不動尊再建奉賛会総務副委員長に就任 復興に努力
昭和46年

(1971年)

57 4月、江戸崎町町議会議員に当選 一期四年在任
昭和47年

(1972年)

58 5月25日、茨城県電機商工組合副理事長に就任
昭和48年

(1973年)

59 オイルショック
昭和49年

(1974年)

60 7月15日、江戸崎町戸張町老人クラブの設立発起人代表として努力、設立後、事務局並びに会計事務局担当
昭和50年

(1975年)

61 8月12日、感謝状 町議会議員として 江戸崎町長 関口七之助 ベトナム戦争終結
昭和52年

(1977年)

63 3月29日、感謝状 国鉄霞ヶ浦線江戸崎駅用地確保に努力 国鉄自動車霞ヶ浦線後援会長 糸賀喜一
昭和53年

(1978年)

64 5月26日、江戸崎町戸張町老人クラブ会長に就任 成田空港開港
昭和55年

(1980年)

66 4月14日、褒状 全国中小企業団体中央会表彰大会 名誉総裁 大平正芳
昭和56年

(1981年)

67 5月25日、茨城県電機商工組合理事長に就任
6月、全国電器小売商業組合連合会理事に就任
6月、全国電器小売商業組合連合会関東甲信越地区協議会理事に就任
6月、茨城県中小企業団体中央会理事に就任
6月、茨城県中小企業経営者傷害共済会理事に就任
6月、茨城県受信障害防止協議会理事に就任
6月、電気安全茨城委員会常任理事に就任
昭和57年

(1982年)

68 5月、江戸崎地区法人会監事に就任
昭和58年

(1983年)

69 2月26日、江戸崎町ゲートボール連盟設立発起人代表として活躍、初代会長に就任
6月23日、全国電器小売商業組合連合会関東甲信越協議会副会長に就任
6月、茨城県受信障害防止協議会理事解任、監事に就任
12月2日、感謝状 長期老人クラブ会長として功績 稲敷郡老人クラブ連合会長 明石一次
昭和59年

(1984年)

70 5月、江戸崎町老人クラブ連合会理事に就任
10月、全国家庭電気製品公正取引協議会小売業協議会茨城県支部長に就任
昭和60年

(1985年)

71 5月、江戸崎町体育協会理事に就任
6月、茨城県ゲートボール協会副理事長に就任
10月1日、長男信義に社長の座を譲り会長となる
5月9日、感謝状 長期老人クラブ会長として功績 江戸崎町老人クラブ連合会長 蒲生和夫
昭和61年

(1986年)

72 5月、茨城県ゲートボール協会解散 茨城県ゲートボール連合会創立、監事に就任
6月、江戸崎地区法人会副会長に就任
チェルノブイリ原発事故
昭和62年

(1987年)

73 6月24日、長期連合会役員として功績 全国電器小売商業組合連合会長 竹内章
6月28日、感謝状 第一回茨城県ゲートボール選手権大会の競技役員並びに審判員として多大の尽力 茨城県ゲートボール連合会会長 山口武平
平成元年

(1989年)

75 5月25日、茨城県電機商工組合理事長任期満了解任、理事に就任
5月25日、全国電器小売商業組合連合会理事解任
5月25日、全国電器小売商業組合連合会関東甲信越地区協議会理事解任
5月25日、茨城県中小企業団体中央会理事解任
5月25日、茨城県受信障害防止協議会監事解任
5月25日、電気安全茨城委員会常任理事解任
6月22日、感謝状 長期連合会役員として功績退職に際して 全国電器小売商業組合連合会長 竹内章
10月17日、表彰状 老人クラブの発展に努力し業績が顕著 茨城県老人クラブ連合会長 柴田晶
ベルリンの壁崩壊
平成2年

(1990年)

76 5月14日、表彰状 中小企業組合の発展に寄与 茨城県中小企業団体中央会長 河原井市郎
5月、江戸崎町老人クラブ連合会理事任期満了解任
平成3年

(1991年)

77 1月25日、表彰状 長期に亘りゲートボールの発展に寄与 (財)日本ゲートボール連合会長 笹川良一
1月、江戸崎町ゲートボール連盟会長依願辞職
1月、江戸崎町体育協会理事辞任
3月1日、江戸崎町教育委員会囲碁学級講師を委嘱さる
6月6日、褒状 全国中小企業団体総連合表彰大会 名誉総裁 自由民主党総裁 海部俊樹
ソ連崩壊
湾岸戦争勃発
バブル崩壊
平成4年

(1992年)

78 5月26日、感謝状 長期理事として功績顕著 社団法人 竜ヶ崎法人会会長 野崎忠助
6月8日、感謝状 永年組合役員として多大の貢献 三十周年記念全国電器小売商業組合連合会関東甲信越地区協議会会長 福田勝亮
6月19日、表彰状 永年に亘り連合会会員組合の役員として率先垂範多大の功績 創立三十周年に当たり 全国電器小売商業組合連合会 理事長 竹内章
6月25日、感謝状 戸張町老人クラブ会長として功績 戸張町老人クラブ会長 鴻野旭
平成5年

(1993年)

79 3月1日、戸張町戸張張寿会会長依願辞職
3月26日、江戸崎地区法人会副会長依願辞職
5月20日、茨城県電機商工組合江戸崎支部独立支部長
5月25日、茨城県電機商工組合副理事長
平成6年

(1994年)

80 4月1日、茨城県電機商工組合理事辞職願提出
平成7年

(1995年)

81 3月31日、戸張町老人クラブ脱会届提出
4月15日、江戸崎町高齢者囲碁学級講師を委嘱さる
5月18日、茨城県ゲートボール連合会監事任期満了解任
6月1日、表彰状 長期に亘り本会監事として尽力 功績大 茨城県ゲートボール連合会会長 山口武平
阪神大震災
平成9年

(1997年)

83 香港返還
ダイアナ元妃事故死
平成12年

(2000年)

86 3月18日、永眠
平成15年

(2003年)

4月9日、妻さく永眠 享年82歳