top
oggawa.com
next
lastupdatetime
 
siesta

 75歳以上、医療窓口負担2割に
財務省が改革案
 社会保障費の膨張を抑えるため財務省がまとめた改革案が20日分かった。75歳以上の人が病院の窓口で負担する医療費の割合を現在の原則1割から2割へと引き上げるのが柱。医療・介護保険では高齢者一人一人の負担水準を決める上で、毎年の所得だけでなく金融資産の保有状況も判定材料に加え、資産が豊富で支払い能力のある人には、より多くの負担を求める制度設計も検討する。
 25日の財政制度等審議会で示し、年末から来年にかけて議論を進める。負担増となる高齢者や、受診抑制により収入が減る可能性のある医療機関の反発は必至で、調整は難航が予想される。
 (共同通信より)

 いつだってそうなんだ。早く死んだ方がいいよ、と促されている世代だ。世の中を支えていたはずの世代が、もう邪魔だから、と言われるのも当たり前。それでも、とにかく前に進まないと死のベッドにも辿り着けない。

to top
 
to top
 

『キングコング: 髑髏島の巨神』( Kong: Skull Island)

2017年・アメリカ 監督/ジョーダン・ヴォート=ロバーツ

出演/トム・ヒドルストン/サミュエル・L・ジャクソン/ジョン・グッドマン/ブリー・ラーソン

 髑髏島の生物:コング=体長:31.6メートル/ 体重:158トン/髑髏島の生態系の頂点に君臨する超大型類人猿。スカル・クローラー=体長:3.65 - 28.95メートル/体重:40 - 100トン/髑髏島で最も獰猛な生物で、後ろ足がなく前足(腕)2本だけで動き回る巨大な爬虫類。バンブー・スパイダー=体長:5 - 7メートル/竹林に生息する巨大なクモで、竹と同じ長さの足を竹に擬態させ、頭上から獲物を待ち伏せする。スケル・バッファロー=体長:13メートル(角の長さ:19メートル)/体重:22トン/水辺に生息している巨大スイギュウで、数日間水中に潜伏することが可能。リバー・デビル=体長:27メートル/髑髏島の入江に生息している、イカとタコを合わせたような姿をした巨大な頭足類。サイコ・バルチャー=翼長:2 - 3メートル/白亜紀の大絶滅を生き延び、髑髏島で独自の進化を遂げた翼竜。スポア・マンティス=全長:15メートル/レッドウッドの倒木に擬態する巨大昆虫。

 監督ヴォート=ロバーツは「日本の漫画・ゲーム・アニメを見て育ち、今の自分のDNAとなっている」と公言する程の日本好きであり、本作の製作にも影響を与えている。本作についても「自分が子ども時代に触れてきた文化を、ゲロを吐くみたいに全部ぶち込んである」と語っている。映画全体には『もののけ姫』の要素が多く含まれているとし、登場するクリーチャーは「宮崎駿監督作品に出てくるようなもの。精神性があり美しく、パワフルなものを目指した」と語っている。この他にも『AKIRA』『メタルギアソリッド』などのオマージュが含まれている。また、序盤に登場する日本兵グンペイ・イカリの名前は『新世紀エヴァンゲリオン』の碇シンジと、ゲームクリエイターの横井軍平から取られている。(Wilipediaより)

 確かにゲロが吐きたくなった。髑髏島はキングコングだけが主役ではなかった。何のオマージュか知らないが、一番見たくないと思っている子供だましの闘いが全編に溢れて、大人を気取っている人種にはちょっとばかり混乱の脳波が。それなりに面白いのだが、CGを駆使した映像には飽きがくる。出来ない映像の時代が懐かしい。こんなものを見せられるから、昔のアクションが逆にちゃっちく見えてしまう。どっちもダメに見えてくるのが辛い。

最近観た映画
スターのイラスト
to secret