top
oggawa.com
next
lastupdatetime
 
siesta

豪雨時の競馬旅行で高知市総務部長ら更迭 6人処分、市長陳謝
 7月上旬の西日本豪雨のさなか、高知市の幹部職員らが北海道へ競馬観戦などを目的に旅行していた問題で、岡﨑誠也市長は20日、弘瀬優総務部長を更迭するなどした関係職員6人の処分を発表した。岡﨑市長は記者会見で「幹部職員らの自覚を欠いた行動で、多くの市民に不安と混乱を与え、市政全体の円滑な執行に支障を来す結果となった。深くおわびする」と改めて陳謝した。
 処分はいずれも20日付で、弘瀬総務部長は減給20%1カ月。この他、諸石信広総務部副部長、田村弘樹財務部副部長、近森象太都市建設部副部長、高岡幸史教育次長の副部長級4人を訓告、西成英丈政策企画課長を口頭厳重注意とした。一緒に旅行していた横田寿生教育長は7月31日付で辞任している。
 (高知新聞より)

to top
 
to top
 

『ブラジルから来た少年』(The Boys from Brazil)

1978年・アメリカ 監督/フランクリン・J・シャフナー

出演/グレゴリー・ペック/ローレンス・オリヴィエ/ジェームズ・メイソン/リリー・パルマー

 本日は2018年8月19日(日曜日)。たまに日にちを入れておかないと、あとから見返したときに、この映画はいつ観たんだろうという単純な疑問に答えられない。誰が読むわけではないのに、そんなことを気にする方がおかしい。この『最近観た映画』欄は基本的に観た順に並べれれているので、万が一にこれらの感想欄を見る人がいれば、そういう風に見てもらえれば、どこかに日付が入っていますのでご了承ください、ということになる。

 1日で観終わることのないこの頃の映画鑑賞。まったく内容を知らないで観始まるケースがほとんどだが、この映画のタイトルからは想像できない物語だった。なかなか興味深い映画だった。(以下、Wikipediaより)ブラジルでヒトラーのクローンを再生させようとする科学者ヨーゼフ・メンゲレと、それを阻止しようとするナチ・ハンターのユダヤ人・リーベルマンとの葛藤を描く。同じくメンゲレについて取り上げたスレイヤーの「エンジェル・オブ・デス」にフレーズが引用された。

 ヨーゼフ・メンゲレ(Josef Mengele, 1911年3月16日 - 1979年2月7日)は、ドイツの医師、ナチス親衛隊 (SS) 将校。 親衛隊大尉。第二次世界大戦中にアウシュヴィッツで勤務し、収容所の囚人を用いて人体実験を繰り返し行った。実験の対象者やただちにガス室へ送るべき者を選別する際にはSSの制服と白手袋を着用し、クラシック音楽の指揮者さながらに作業にあたったと伝えられ、メンゲレの姿を見た人々からは恐れられた。人種淘汰、人種改良、アーリア化を唱えるナチス人種理論の信奉者であったが、その持論はまったく異なった独特の思想である。愛称のベッポ (Beppo) は、Josefのイタリア語読み「ジュゼッペ」 (Giuseppe) に由来する。戦後は南米で逃亡生活を送り、ブラジルで海水浴中に心臓発作を起こして死亡した。

最近観た映画
スターのイラスト
to secret