top
oggawa.com
左写真 小河俊夫 ミッション 古川勝巳 ヘラルド創業者 古川為三郎 youtube donkey
コーヒー・ブレイク スナップ写真 言葉の宝石 gigazinei 便利帳i
河谷龍彦『イスラエル巡礼』 美容室ふらんせ 休日カレンダー 日刊スポーツ 小河俊夫デザイン作品 ted wikipedia
エクセル・マクロ 井上蒲鉾店 八百彦本店 加島屋 連絡・お問い合わせ 茨城県 検索デスク
next lastupdatetime
 
siesta

 熊本城に「空中トイレ」? どこだ!
 江戸時代、熊本城の天守に「空中トイレ」があったことはご存じだろうか。
 天守の平面を詳細に描いた「御天守方御間内之図[おてんしゅかたおんまないのず]」(1798年作成)には、「セツイン」と書かれた小さな部屋が大天守1階の東西の端に2カ所ある。これは「雪隠[せっちん]」のことで、トイレを意味している。
 この「セツイン」は石垣から飛び出すように描かれ、甕[かめ]など便器の役目を果たすようなものはない。汚物を外に放出するように造られたと推測されているため、「空中雪隠」と呼ばれている。
 そもそも天守は有事の際に籠城するための施設であり、藩主は日頃、本丸御殿や屋敷で過ごしていた。熊本市の熊本城調査研究センターによると、天守で具体的にどんなことが行われていたかは不明な点も多いが、藩主の初登城や参勤交代で江戸から帰国した際など、儀礼的な使用は史料にあるという。
 1877(明治10)年の西南戦争直前に焼失するまで、熊本城は戦に巻き込まれたことはなかった。「この空中トイレは未使用だったのではないか」と同センター。ただ絵図だけでは屋内の構造がはっきりしないため「もしかしたら、中で汚物を処理できたのかもしれない」としている。
 1960(昭和35)年に天守閣が再建された際、東側の空中トイレだけが復元された。絵図には2室あるが、一つの部屋として復元されている。
 熊本地震で被災した天守閣は来春、復旧工事が完了し内部が公開される。今回の工事では、絵図に忠実に仕切りをして2室の空中トイレにするという。
 (熊本日日新聞より)

to top
 
to top
 

『さらば愛しきアウトロー』(The Old Man & the Gun)

2018年・アメリカ 監督/デヴィッド・ロウリー

出演/ロバート・レッドフォード/ケイシー・アフレック/ダニー・グローヴァー/チカ・サンプター/トム・ウェイツ

 ロバート・レッドフォードの名前が一番最初に出ていて、えっ!いくつになったんだよ、と思いながら観始まった。実話に基づくこの物語、老人たちが銀行強盗をやって楽しんでいる。邦題が何とも泣かせるが、ロバート・レッドフォードはもうすぐ84歳。


最近観た映画
スターのイラスト







to secret