top
oggawa.com
左写真 小河俊夫 大相撲 ミッション 古川勝巳 youtube bing
スナップ写真 言葉の宝石 コーヒー・ブレイク gigazinei 便利帳i
河谷龍彦『聖地巡礼』 小河俊夫デザイン作品 日刊スポーツ 小河隼人 ted 検索デスク
donkey 八百彦本店 井上蒲鉾店 豆子廊 茨城県 連絡・お問い合わせ wikipedia
next lastupdatetime
 
siesta

やっぱり遅刻のプーチン氏、国内でも批判
 60カ国の首脳ら待たせ、「女の子」の作法?
 世界の要人との会合で遅刻を繰り返すことで有名なロシアのプーチン大統領だが、安倍晋三首相との首脳会談などが行われたシンガポール到着もやはり遅れ、同国のハリマ大統領による13日の歓迎式典が2時間以上遅延。この影響で、同日予定されていたシンガポールのリー・シェンロン首相との会談が14日に延期になった。
 プーチン氏はモスクワで今年5月に行われた安倍首相との首脳会談でも50分近くも遅刻。9月に極東ウラジオストクで行われた会談は2時間半遅れ。2016年12月に来日した際には、安倍首相との会談場所である山口県長門市への到着が2時間40分遅れた。 17年7月にドイツ北部ハンブルクで行われた会談では、1時間半ほど遅れ、珍しくも会談冒頭で「おわびしたい」と遅刻をわびた。同年4月にモスクワで行われた首脳会談でも、予定時間から30分遅れるなど、わが国の首相との会談でも遅刻を繰り返している。
 そうしたプーチン大統領もさすがに11日、パリの凱旋門で開かれた第1次大戦終結100年の記念式典に遅れて到着したことについては国内でも批判を受けている。小雨が降る中、トランプ米大統領夫妻、メルケル・ドイツ首相、マクロン・フランス大統領ら60カ国以上の首脳らを待たせることになった様子がテレビで伝えられ、否が応でも目立ってしまった。
 ラジオ・フリー・ヨーロッパなどによると、政治学者で評論家のアレクサンドル・モロゾフ氏はフェイスブックで「戦争に参加した民族の和解を記念するイベントで、このような挑発的な態度をとることに何の意味があるのか。自分をコントロールできていない。仕事のしすぎで気がふれたのか」と批判。
 ロシアのニュースサイトなどを運営するグレブ・パブロフスキー氏は「プーチンは(時間通りに来ると言う面で)決して自分を律することはできない。他の人たちがどうやって我慢できるのか分からない」と酷評。独立系テレビ「ドシチ」などで働くジャーナリストのナタリヤ・ゲボルキャンさんは「女の子には、最後にやってきて視線を自分に集めようという作法があることは知っているけど、プーチンも女の子の作法があるの?」とからかった。
 あるツイッターのユーザーは「私が仕事に遅れると給料が減らされるのに、プーチンの場合は『最後に到着した』で済ますというのはどういうこと。自分の飛行機もあるし時間管理してくれるマネージャーもいるのにどうして『最後に到着』できるわけ。荷造りに時間がかかったの」とプーチン大統領を叱った。
 現在のところこうした非難は、体制に批判的なジャーナリストや識者に限られているが、一般国民はどう見ているのだろうか。もし日本で安倍首相が同様な遅刻を繰り返せば、猛烈な批判は避けられないだろうが、そこは「国父」プーチン氏だけに大目に見ているということなのか。政治家だけでなく、英国のエリザベス女王やローマ法王フランシスコらに対しても遅刻を繰り返す遅刻魔のプーチン氏だが、あまりの頻度に、「相手より格上に見せるため、わざとやっている」との説もある。
 (47NEWS より)

to top
 
to top
 

『フェリスはある朝突然に』(Ferris Bueller's Day Off)

1986年・アメリカ 監督/ジョン・ヒューズ

出演/マシュー・ブロデリック/ミア・サラ/アラン・ラック/ジェニファー・グレイ

 何かが起こるのだろうと期待しながら観ていたが、とうとう最後まで何も起こらず、そのまま終わってしまった。シカゴに住む高校生が、学校をサボるさまを面白おかしく描いただけなのだが、アメリカ人はこういうのが好きらしい。アメリカでは根強い人気を誇っていて、また、リグレーフィールドやシカゴ美術館などのシカゴの観光名所で撮影していたことも話題となったという。

 小学生の時は、テスト以外はただ楽しい毎日だったような気がする。山や川で遊ぶ毎日は、今の子供たちには羨ましがられる状況だった。隣は靴屋さんだったので、靴をゼロから作る作業も見慣れた光景だった。高校生になったときに、お祝いにあつらえた靴を贈られたことは、今から考えればなんと贅沢なことだったのだろうと振り返るばかり。

 大学生になって1年間に1回も授業を受けなくても「優」がとれるようになると、授業をサボるというよりも世の中を馬鹿にし始まることが。そんな不真面目な心のうちが今の自分を作ってしまったのかもしれない。もう少しどころか、もっと一所懸命に勉学にいそしんでいれば、人生が少しばかり違っていたような気がしないでもない。

最近観た映画
スターのイラスト







to secret